映画広告図案士 檜垣紀六 洋画デザインの軌跡 | allcinema SELECTION
書影:映画広告図案士 檜垣紀六 洋画デザインの軌跡
書影:帯付き

映画広告図案士 檜垣紀六 洋画デザインの軌跡
題字・ポスター・チラシ・新聞広告 集成

書影:映画広告図案士 檜垣紀六 洋画デザインの軌跡

檜垣紀六/著,

桜井雄一郎/編著,

佐々木淳/編著

A4変型判・384ページ・上製

ISBN: 978-4-909717-04-7

発売日: 2021年1月29日

価 格: 9,000円+税

映画広告600作品のデザイン。全部この男の仕業だ!!

外国映画のポスター、チラシ、題字、新聞広告などはユニークなものが多い反面、その制作者であるデザイナーの名前が表に出ることはほとんどありませんでした。

これまで日本国内では数多くの外国映画が公開され、それに伴い日本独自のデザインによるポスター、チラシが制作されてきました。その中でも記憶に残る作品を数多く手がけてきたのが広告図案士・檜垣紀六でした。

本書は2020年でデザイナー生活60周年を迎えた檜垣紀六が手がけてきた外国映画のポスター、チラシ、題字、新聞広告を、檜垣本人の解説と回想とで振り返ります。

概要

『ブレードランナー』『ダーティハリー』『魂のジュリエッタ』『燃えよドラゴン』『エクソシスト』『ランボー』『ダイ・ハード』『サスペリア』『続・荒野の用心棒』『スケアクロウ』『昼顔』『アルファヴィル』『シェルブールの雨傘』『タワーリング・インフェルノ』『時計じかけのオレンジ』『プロジェクトA』『ベニスに死す』……。

2020年でデザイナー生活60周年を迎える檜垣紀六が手がけてきた、1960~90年代を彩る外国映画のポスター、チラシ、題字、新聞広告を、檜垣本人の解説と回想とで振り返る画期的書。

  • 1960年から90年代にかけて製作された洋画(外国映画)約600本のポスター、チラシ、題字(日本語タイトルロゴ)、新聞広告を掲載。
  • 全384ページのうち、336ページがオールカラー印刷。ポスターやチラシの写真と、その狙いや制作過程など、これまで語られることのなかった解説を掲載。
  • 映画広告やポスターデザインの基礎知識、かつてのロードショー館や日比谷劇場街をめぐるコラム、関連年譜など読み応え満載の文章も多数掲載。

目次

  • 序文
  • グラビア
  • 第1章 映画のスタイルとデザイン
  • 1-1 マカロニ・ウエスタンのスタイル
  • 1-2 ATG作品のスタイル
  • 1-3 シネラマ劇場のスタイル
  • 第2章 日本版デザインのさまざまなかたち
  • 2-1 「ダーティハリー」シリーズの展開
  • 2-2 アダプテーションの妙
  • 第3章 ポスターは映画への扉
  • 3-1 ポスターから観客へ、観客からポスターへ
  • 3-2 時間・空間の表現
  • 3-3 動き・スピードの表現
  • 第4章 作品テーマとデザイン
  • 4-1 “スター映画”の華
  • 4-2 “女優”の香り
  • 4-3 “ふたり”のデザイン
  • 4-4 顔の競演
  • 4-5 時代の表現
  • 4-6 アメリカの闇、世界の闇
  • 4-7 宙を舞うもの
  • 4-8 甦る名作
  • 第5章 デザインの底力
  • 5-1 もっと多く、もっと巨大に
  • 5-2 イラストの力
  • 5-3 色彩の魔力
  • 5-4 曲げる、仕切る
  • 5-5 “ひとこと言い”の表現
  • 第6章 題字は映画の顔
  • 6-1 スタンリー・キューブリック監督作品
  • 6-2 スティーヴン・スピルバーグ提供/監督作品
  • 6-3 ウディ・アレン監督作品
  • 6-4 百花繚乱 題字の世界
  • 映画広告の秘境 新聞広告の世界
  • 資料篇

著者プロフィール

檜垣紀六 (ひがき・きろく)【著】

広告図案士。
1940年生まれ。1960年、東宝に入社。1963年、東宝アートビューローに所属。東宝の作品(邦画・演劇)のみならず、系列の東和(現・東宝東和)やATGが配給する洋画作品の広告も多数手がけ、さらに1960年代末からは洋画メジャー作品も次々に担当。1987年に独立し、個人事務所「オフィス63」設立。
『燃えよドラゴン』『エクソシスト』『タワーリング・インフェルノ』『ダーティハリー』『時計じかけのオレンジ』『サスペリア』『キャノンボール』『ランボー』『ロボコップ』『ダイ・ハード』『バットマン』など、手がけてきた作品は枚挙にいとまがない。
2020年、デザイナー生活60年を迎えた。

桜井雄一郎 (さくらい・ゆういちろう)【編著】

本のデザイナー。映画雑誌『南海』代表。
1984年生まれ。2008年より鈴木一誌デザイン事務所に勤務。2014年、VHS関連の記事をメインにした映画雑誌「南海」を創刊。現在までに4号を発行。2017年に独立。本のデザインを仕事の中心とする。

佐々木淳 (ささき・あつし)【編著】

フリーエディター&ライター。
1961年生まれ。1987年、日比谷シャンテシネのオープンと同時に同館のパンフレット担当となり、その後フリーに。現在まで32年以上映画パンフの編集を続けている。国立映画アーカイブニューズレターや、東京フィルメックス公式カタログも手がける。

メディア情報

2021/09/27

「フィギュア王」No.284

メカスマ研究所特別編 1982年公開 超大作アクション巨編『メガフォース』大特集!(インタビュー掲載)

2021/08/13

テレビ「BOOKSTAND.TV」

#292【映画ライター・高橋ヨシキ】(書籍紹介)

2021/05/14

ネットニュース「よろず~」

角川春樹の「伝説」神の予言で山梨から一気にレマン湖へ「西の湖に行ったら大ヒットすると」

2021/05/12

メールマガジン「ROADSIDERS' weekly」2021/05/12号 Vol.452

design 映画ポスターは「終わったメディア」なのか(都築響一)

2021/05/10

「熱風」2021年5号

特集/「映画広告図案士の仕事」

2021/05/09

ラジオ「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」《TOKYO FM》

ゲスト出演

2021/05/08

ネットニュース「よろず~」

映画界の伝説「燃えよドラゴン」の邦題は当初「ドラゴンの星」だった!意外すぎる変更理由

2021/04/29

ラジオ「アフター6ジャンクション」《TBSラジオ》

ゲスト出演

2021/04/25

ネットニュース「よろず~」

ランボーやブルース・リー映画ポスターの「手」は日本人の手だった!広告図案士の巨匠が自演

2021/04/18

「映画広告図案士 檜垣紀六 洋画デザインの軌跡」出版記念上映会&トークショー(シネマノヴェチェント)

ゲスト出演

2021/04/01

ラジオ「Otona no Radio Alexandria」《InterFM897》

ゲスト出演

2021/03/25

「日本経済新聞」朝刊

文化面「銀幕に誘うポスターの腕 檜垣紀六」

2021/03/24

「神奈川新聞」朝刊

「心躍る豪華な映画広告本『映画広告図案士 檜垣紀六 洋画デザインの軌跡』」

2021/03/23

「日本海新聞」朝刊

エンタメ面「心躍る意外な制作裏話『映画広告図案士 檜垣紀六―』」

2021/03/21

「徳島新聞」朝刊

ラジオ・芸能面「心躍る 豪華な映画広告本『洋画デザインの軌跡』檜垣紀六」

2021/03/19

「朝日新聞」夕刊

シネマ三面鏡(佐藤美鈴)

2021/03/12

「サンデー毎日」2021年3月28日号

書評(川本三郎)

2021/03/10

「アイデア」No.393

新刊紹介

2021/03/09

「北海道新聞」夕刊

カルチャー面「映画広告図案士の仕事 一冊に 檜垣紀六の洋画作品収録」

2021/03/05

「キネマ旬報」2021年3月下旬映画業界決算特別号 No.1861

映画本大賞第8位

2021/03/04

「週刊新潮」2021年3月11日号

書評(都築響一)

2021/02/20

「映画秘宝」2021年4月号

書評(柳下毅一郎)

2021/02/05

「キネマ旬報」2021年2月下旬ベスト・テン発表特別号 No.1859

特集記事として12ページにわたり掲載

内容見本

内容見本
内容見本
内容見本
内容見本
内容見本
内容見本
内容見本
内容見本
内容見本
内容見本
内容見本
内容見本
内容見本
内容見本
内容見本
内容見本
内容見本
内容見本
内容見本
内容見本
内容見本
内容見本

ご購入方法

お近くの書店またはネット書店にてお買い求め下さい。

在庫について

書籍『映画広告図案士 檜垣紀六 洋画デザインの軌跡』は大型本ということもあり、書店に置かれていない場合が多く、ご迷惑をおかけしております。店頭でご注文いただければ、数日中にお届けできますので、ぜひご注文をお願いします。

同様にネット書店で「在庫なし」と表示されていても、ご注文いただければ数日中にお届けできます。

2021年4月に2回目の増刷をしましたので、書籍の在庫はじゅうぶんにございます。ご不便をおかけして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

書店様へ

『映画広告図案士 檜垣紀六 洋画デザインの軌跡』は鍬谷書店を通して、書店または各取次会社(トーハン、日販、 楽天ブックスネットワーク、八木書店など)へ出荷します。

本商品は買い切りのみ、委託・返品なしとなります。

ご注文は以下までお願いします。

鍬谷書店

http://kuwatani.co.jp/order/index.html

注文FAX. 03-5390-2213

お詫びと訂正

p.343掲載『針の眼』の題字ですが、処理の途中で金へんの一画が消えてしまいました。
p.302掲載のチラシに記載されているものが正しい題字です。
お詫び申し上げますと共に、ここに訂正させていただきます。

シェアする

twitterアイコン facebookアイコン lineアイコン